ネット収入(アフィリエイト・お小遣い)からインターネット初心者解説まで!パソコン情報サイトおしえてパソコンsan

情報サイト『おしえてsan』
情報サイト『おしえてsan』 ・・・テレビ、ダイエット、パソコン、家電、ショッピング等様々なジャンルの情報を集めています!!
パソコンsanへようこそ!! パソコンsanでは、初心者向けにパソコンについて解りやすく説明しています。 パソコンの便利なツールの紹介からアクセスアップの方法、アフィリエイト、お小遣い稼ぎの初心者向けの解説などたくさんの情報を集めています。図解で解りやすく解説したり、各サービス、サイトの比較やメリット・デメリットの解説など情報満載です!!主な項目は初心者簡単パソコンガイド/アクセスアップ簡単ガイド/ネット収入簡単ガイド/アフィリエイトで稼ぐ簡単ガイド/お小遣い稼ぎ簡単ガイド/ホームページ作成簡単ガイド/ブログ作成簡単ガイドなど
  左記ボタンで情報サイト『おしえてsan』 をお気に入りに登録できます!!

 

内部リンク解説


内部リンクとは

内部リンク(link)とは自分のサイト内へののリンク(link)のことです。
一般的なWEBサイトの場合、トップページが→各コンテンツ→複数ページが普通です。
もしトップページからしか各ページへリンク(link)が張られていない場合はサイト閲覧者(訪問者)は行き止まりになります。これでは、サイト内のページ同士が関連づけられていないのでトップページ以外のページへ初めてアクセスした人はそれ以外のページへ移動することが出来ません。すぐに閉じられてしまうので各ページからTOPページや各コンテンツ、誘導リンク(link)を作っておくことが大切です。検索エンジンのロボットはたくさんのリンク(link)を辿ってきますが、ロボットが辿ってきた時に内部リンク(link)が充実しているとサイト内の全てのページを回ってくれるので、検索エンジンに登録されるページ数も増えます。

SEO対策には外部リンク(link)が重要といわれていますが、内部リンク(link)も重要です。内部リンク(link)を増やすことでSEO対策にもなります。
リンク切れが無いように!!

内部リンク重要ポイント

・リンク(link)の数は50位が良い。(100個以内に抑える。)
・リンク(link)の色はなるべく変えない。
  基本的にリンク(link)は青色の文字に下線 の方が一般的なため、サイト閲覧者(訪問者)に親切です。
  わたしはリンク(link)重要だとおもいます。 ←こんな場合はリンク(link)と気づかれないです。
・リンク(link)の文字数は多めにする。
  リンク(link)の文字数が少ないとリンク(link)であることが見落とされてしまう
  基本的にサイト閲覧者(訪問者)はマウスをクリックしてリンク(link)先に移動するので、文字数が長い方が親切である。
・リンク(link)の移動先は同一ウィンドウで開かせる。
  外部リンク(link)の場合は、リンク(link)の設置の際にターゲットを「_blank」と設定して新しいウィンドウで開くのが良いと思いますが、内部リンク(link)の場合は同一ウィンドウで開かせるようにしましょう。

誘導リンク(link)設置

誘導リンク(link)とはサイト閲覧者(訪問者)がサイト内で迷ったり行き止まりにならないように各ページ内に誘導リンクを設置します。誘導リンク(link)はサイト閲覧者(訪問者)に対しても親切ですし、誘導リンク(link)があることでサイト閲覧者(訪問者)がスムーズにサイト閲覧をしてもらえるので結果的にたくさんのページをみてもらうことができます。

誘導リンク(link)設置例
ページ数で表示 1 パソコンsanTOP  2  3.  4  5
前後のページヘの表示 《《 前のページ    》》 次のページ    
ページ名で表示 《《 はじめに  サイト内の修正  《《 内部リンク  

サイトの各ページにMENUやサイトナビゲーションがある場合は上記のような記載でもよいと思いますが、SEO対策、テキストマッチの効果としては、各ページのタイトルで現した方がSEO対策には効果的です。
ページ数で表示 1.アクセスアップ簡単ガイド  2.テキストマッチ(textmatch)解説  3.内部リンク 
前後のページヘの表示 《《 前のページ アクセスアップ簡単ガイド    》》 次のページ キーワードの決定    
ページのタイトルにはキーワードを盛り込みましょう!!


誘導リンク(link)設置場所はページの本分の上下に設置がよいとおもいます。サイト閲覧者(訪問者)にもわかりやすいです。

誘導リンク(link)設置ポイント

・リンク(link)先のチエック
  リンク(link)先のページエラーやリンク(link)間違い(間違ったページに移動する)は閲覧者(訪問者)にストレスを与えます。
・表示はテキストが最適
  画像などを使う場合はAltタグで文字情報を入れましょう。
・リンク(link)先の表示はキーワードを含める
  キーワードを含めた方が閲覧者(訪問者)に親切でSEO対策にもなる。
 
 

キーワードアドバイス
ツールプラス


サイトマップラス
Powered by SEO対策


Yahoo!、Googleの上位表示に効果的!掲載率99%以上の登録代行サービス!


Copyright(C) OSHIETEsan All Rights Resereved