情報サイト『おしえてsan』
情報サイト『おしえてsan』
情報サイト『おしえてsan』 ・・・テレビ、ダイエット、パソコン、家電、ショッピング等様々なジャンルの情報を集めています!!
  左記ボタンで情報サイト『おしえてsan』 をお気に入りに登録できます!!

 

チャイルドシート



チャイルドシートとは

チャイルドシート(和製英語:child seat)とは、シートベルトを正しく着用する事ができない子供を自動車に乗車させる際、安全を確保するため身体を座席に固定する装置のことです。
日本の法令上は幼児用補助装置と呼ばれています。
主に首が据わっていない乳児(10kg未満、0〜12ヶ月程度)に用いられるものはベビーシートとも呼ばれています。

チャイルドシートの必要性

  2000年4月1日に改正された道路交通法(第71条の3第4項)により、6歳未満の子どもが乗車する際はチャイルドシートを着用することが義務づけられました。違反の場合は行政処分の基礎点数が1点付加されます。
抱っこでは、万が一の時、大きな衝撃がかかり、お母さんの腕ではその大きな衝撃から赤ちゃんを支えることができないと言われています。産後、車で帰宅する場合は、必ずチャイルドシートを使いましょう。

チャイルドシートの種類

乳児用 (ベビーシート)
体重10kg未満、身長70cm以下、新生児〜1歳くらいまで。
後ろ向きに使用する「シートタイプ」と、横向きに使用する「ベッドタイプ」があります。
※エアバックが助手席についている車は、助手席への取り付けは危険なのでやめましょう。
幼児用 (チャイルドシート)
体重9〜18kg、身長65〜100cm、1歳〜4歳くらいまで。
「前向き」取り付けタイプと、前向き・後ろ向き兼用タイプがあります。
首がすわり、自分で座れることが使い始めの目安となります。
学童用 (ジュニアーシート)
15〜36kg、身長135cm以上、4歳〜10歳くらいまで。
お尻の下に敷いて使うタイプと、背もたれがついたタイプがあります。
座面を上げて背の高さを補うことで、大人用のシートベルトをそのまま使用するようにする補助装置です。
乳児・幼児兼用 (ベビーシート&チャイルドシート)
体重18kg未満、身長100cm以下、新生児〜4歳くらいまで。
乳児の時期には「後ろ向き」で使用、幼児の時期に「前向き」でシートを回転させて使用するタイプ。
幼児・学童兼用 (チャイルドシート&ジュニアーシート)
体重9〜36kg、身長65〜135cmくらい、1歳〜10歳くらいまで。
幼児の時期にはクッションをつけ、成長に合わせて、クッションをとりはずしていき使用します。
乳児〜学童兼用 (ベビーシート&ジュニアーシート)
体重2.5kg〜36kg、身長50〜135cmくらい、新生児〜10歳くらいまで。
乳児、幼児の時期にはクッションをつけ使用。乳児のときは後ろ向きの状態で使用し、首がすわった頃から、 前向きに回転させ使用します。成長に合わせて、クッションをとりはずしていきます。
※写真は参考写真ですので詳細な仕様はご確認下さい。

チャイルドシートの選び方

チャイルドシートの種類

  チャイルドシートの種類は上記を参考にお子さんの身長や体重に合わせて選びましょう。

チャイルドシートと適応車種

  車種によって、取り付けできるものとできないものとがありますので、マイカーとチャイルドシートの適応は必ず確認して選びましょう。

チャイルドシートの設置

  取り付けが難しいものは避けましょう。取り付けが分かりやすく、操作しやすいタイプを選びましょう。

チャイルドシートの安全基準

  国土交通(運輸)省の型式指定・認定に合格したチャイルドシートには認定証がついています。海外では、米国基準(FMVSS No.213)と欧州基準(ECE R44/03)の規準があり、これらの規準をクリアしたものがおすすめです。

チャイルドシートからの乗降の快適

  シートを回転させて、赤ちゃんを乗せ降ろしするタイプや、眠ている赤ちゃんを起こさないように、シートを外すことができ、ベビーキャリー、ベビーラックにもなるタイプ、ベビーカーに設置可能なタイプまでさまざまな機能があります。乗せ降ろししやすいものを選びましょう。

チャイルドシート 人気メーカー

Combi/コンビ 国内ベビー業界のリーディングカンパニーとして、ベビーカー、チャイルドシートをはじめ、安全でつねに時代に即した商品とサービスを提供し、ユーザーのニーズに応えて信頼を蓄積してきました。
さまざまなライフスタイルに合わせて、お客様に安心してお使いいただける製品をご提供しています。
Combi/コンビ 格安商品情報
カーメイト/CAR MATE カー用品の総合メーカーです。時代に先行する創り手であると同時に、心からクルマを愛するユーザーです。創ることと使うこと。この二つを統一した視点から、より豊かで快適なカーライフを考え、先進の開発スピリットで新製品を創造しています。
カーメイト/CAR MATE格安商品情報
Aprica/アップリカ 未熟な赤ちゃんを守る製品の安全性・品質向上のために、世界初となるセンサー付き新生児ダミーを開発して繰り返し行われる、自社施設でのチャイルドシート衝撃実験や、独自の厳しい品質基準を設けるなど、赤ちゃんの理想的な環境の追求を続けています。
Aprica/アップリカ格安商品情報
TAKATA/タカタ タカタは、チャイルドシートをベビー用品としてではなく「安全装置」という視点で作っています。チャイルドシートは、子どものためのシートベルト。もはや欠かすことのできない、クルマの部品のひとつ。厳しい安全基準への準拠やリサイクルへの取り組みは製品の質を高めるための、タカタのこだわりなのです。
TAKATA/タカタ格安商品情報
LEAMAN/リーマン リーマンのチャイルドシートは、簡単にしっかり固定できる「クイック3ステップ取り付け」を採用しています。
後向きでも前向きでも簡単にしっかり取り付けられる ので、分厚いマニュアルや取り付けビデオは必要ありません。 簡単に取り付けられることが、ミスユースを防ぎ、お子さまの安全へとつながるのです。
LEAMAN/リーマン格安商品情報
RECARO/レカロ 100年もの間、RECAROは世界有数のシートメーカーとしてその名を知られています。RECAROは、“シートユニットのノウハウ”を兼ね備えたシート・スペシャリストです。 RECAROはドイツで初めてチャイルドシートを開発したメーカーであり、“健やかな背 筋”というお墨付きをいただいた世界初の子供用カーシートでも有名です。
RECARO/レカロ 格安商品情報

  妊娠・出産ガイドTOPへ戻る

キーワードアドバイス
ツールプラス


サイトマップラス
Powered by SEO対策








Copyright(C) OSHIETEsan All Rights Resereved