情報サイト『おしえてsan』
情報サイト『おしえてsan』
情報サイト『おしえてsan』 ・・・テレビ、ダイエット、パソコン、家電、ショッピング等様々なジャンルの情報を集めています!!
  左記ボタンで情報サイト『おしえてsan』 をお気に入りに登録できます!!

 

妊娠線対策



妊娠線

妊娠線(にんしんせん)とは、急にお腹が大きくなると皮膚のが伸びるのについていけず、縦にみみず割れのような線がいくつも出てくるのを言います。 痩せている人が急激に太ったりすると、そのような線ができますが、それと非常によく似ています。妊娠線には、個人差があり、出来やすい人・出来にくい人がいるようです。妊婦さんの8割〜9割の人に、この妊娠線が出来るといわれています。個人差はありますが6ヶ月頃から現れます。
妊娠線は皮膚の内側に傷がついてしまった状態です。最初は、真皮や皮下組織にできた傷から皮下出血が起こり、幅2〜3mmで長さが5cmぐらいの、赤や茶褐色の線ができます。
出産後に、腹囲が少しずつ元に戻ると、ツルツルと光る白っぽい線に変化してくぼんでしまいます。これ以降、妊娠線はなかなか消えません。
妊娠線ができるときに痛みはありませんが、かゆみを伴うことがあり、これは「妊娠性掻痒(そうよう)」または「妊娠性掻疹(そうしん)」などと呼ばれ、妊娠中に起こる代表的な皮膚トラブルの一種です。かゆみを伴うので、必要以上に掻きくずしてしまい、炎症を起こすなど、皮膚トラブルを拡大してしまうこともあります。安易に考えずに皮膚科や産婦人科の医師に相談しましょう。
妊娠お悩み解消
妊婦中のつわり対策 / 妊婦中の便秘対策 / 妊娠線対策 / 妊婦の足がつる(こむら返り)対策 / 妊婦の足がつる(こむら返り)対策 / 妊婦の腰痛対策 / 妊婦のむくみ対策 / 妊婦とカフェイン(コーヒー、紅茶) 

妊娠線予防対策方法

体重管理

  上記のとおり妊娠線は急にお腹が大きくなることにより現れますので、体重が急に増えすぎないように体重管理を心がけましょう!!  
  食生活改善

肌の水分補給

  妊娠中はホルモンバランスの変化などで、肌が乾燥しやすくなってしまいます。赤ちゃんが生まれてくるまで、十分に肌に伸びてもらうには、こまめなケアで水分を補っていくしかありません。その際、妊娠中はにおいに敏感になっていたり肌の性質も変化してかぶれ易くなってしまうこともありますから、そのような状況に配慮して作られているマタニティー用の保湿クリームの使用をお勧めします。
  妊娠線予防クリームランウェルストレッチマークG 110g
売れ筋No1の妊娠線予防クリームを 特別価格でご提供 !! お肌に潤いを与え柔軟性を保つ 妊娠線予防クリーム 「医薬部外品」
天然ココアバター成分、アボカドオイル、コットンシードオイル、ミネラルオイルなどの お肌に潤いを与える成分が、バランスよく配合されたリッチなクリームです。ベトベト感 がなく、さっぱりさわやかな使用感。妊娠中毎日お使いいただくことにより、潤いと柔軟性 のある美しいお肌を保つのに効果的です。妊娠線は皮膚が急激に緊張し伸展され、皮膚 がついてゆけず皮下組織が断裂して発現します。
  【送料無料】マタニティ芸能人愛用!ミルフェルムおススメ妊娠線ケア・妊娠線予防に
妊娠線クリーム CALINESSE【キャリネス】ストレッチマーククリーム【マタニティ】
「セレブが愛用!妊婦のためのBODY用ドクターズコスメ!」
安定期に入ってからご使用してください。
  【ワコールマタニティ】NEWマミィエモリエントクリーム(妊娠線対策)   10P23Apr09
妊娠線は、妊婦さんのおなかや胸、お尻、太ももなど脂肪のつきやすいところに、みみず腫れのようにできる状態を指します。おなかが大きく目立ち始める妊娠8ヶ月目くらいから表れることが多いのですが、早い人では妊娠中期から出てきます。体質などにもよりますが、妊婦さんの6〜7割に見られます。 おなかや乳房が大きくなるにつれ、皮膚も引き伸ばさされて行きますが、 その速度に皮下細胞の伸びがついていけずに断裂をおこすことがあります。 それが妊娠線で、太いギザギザした赤い線が縦に何本もできます。 妊娠線はいったんできてしまうと完全に消すことはできません。
   Wバリアジェル(妊娠線ケアジェル)
「Wバリアジェル(妊娠線ケアジェル)」は、植物性で赤ちゃんにもママにもやさしいストレッチマークトリートメント用のジェルです。皮膜成分リピデュアのうるおいバリアがお肌を守り、オクラやダイズエキスなどのうるおい成分が、スーッと素早くお肌に浸透します。サラッとしてベタつかず、お手入れ簡単。お腹だけでなく、バスト、おしり、太ももなど、全身にご使用いただけます。無香料・無着色。

痒みとの戦い

  妊娠すると「妊娠性痒症」といって体が痒くなることがあります。、ホルモンバランスの変化などで肝臓に負担がかかることが原因です。痒くなるということは、肌全体が刺激に弱くなっていることですから、自然発生的な痒みだけではなく、自分の汗や汚れ、下着の素材や妊娠していないときには体に合っていたクリームや薬にもかぶれてしまったりすることがあります。肌が弱くなっていることは、そのまま、妊娠線ができやすくなっています。乾燥して弱くなっている肌は簡単に傷を作ってしまいますので痒みが出たらシャワーを浴びたり、肌に優しい下着をつけたり、専用のクリームで乗り切りましょう!
ひどい場合は早めに病院の先生に相談しましょう。
  【ポイント10倍!+3150円以上送料無料】コーラルムーン マザートゥビーボディケアオイル CGM...
フェイシャルのお手入れ、セルライトの防止。不安・緊張・ストレスを取り除きます。肌の伸縮性を促進しストレッチマーク(妊娠線)をトリートメントしていきます。また、乾燥しがちな肌の保湿にアロマバスやシャワーの後などに使用してください。またマッサージをしながら赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しんでください。
カモミール・ゼラニウム・マンダリンの製油をブレンドしています。

妊娠線のできる場所

妊娠線のできる場所は、大きくなるお腹だけでなく、胸や太ももお尻、ワキの下やふくらはぎなど広範囲にわたってあらわれます。もともと皮膚が柔らかい部分に妊娠線が出やすいです。

  妊娠・出産ガイドTOPへ戻る

キーワードアドバイス
ツールプラス


サイトマップラス
Powered by SEO対策








Copyright(C) OSHIETEsan All Rights Resereved