情報サイト『おしえてsan』
情報サイト『おしえてsan』
情報サイト『おしえてsan』 ・・・テレビ、ダイエット、パソコン、家電、ショッピング等様々なジャンルの情報を集めています!!
  左記ボタンで情報サイト『おしえてsan』 をお気に入りに登録できます!!

情報サイト『おしえてsan』HOME >生活sanTOP>妊娠・出産ガイド>沐浴・入浴について-沐浴用品の選び方
 

沐浴・入浴について-沐浴用品の選び方



沐浴・入浴について

新生児の入浴について説明します。新生児の入浴は一般的に沐浴(もくよく)と呼ばれています。
一般的に沐浴(もくよく)とは体の一部またはすべてを清める行為で宗教的な儀式を指すことが多いですが、新生児に対しても沐浴と言われています。
生後1ヶ月くらいまでは、抵抗力が弱いため、大人と同じ湯船に入れることは避けた方がよいでしょう。ベビーバスなどを使って手早く洗ってあげます。お母さんがビクビクしていると、それが赤ちゃんにも伝わってしまいます。できるだけリラックスできる方法を選び、お母さんも赤ちゃんも、ゆったりした気持ちで沐浴するようにしましょう。
生後1ヶ月をすぎたあたりから大人と一緒のお風呂に入浴することができるようになります。
湯あたりしないように、長時間湯船につけないよう注意が必要です。また湯温にも注意。大人が少しぬるいなと感じるくらいが丁度いい温度です。

沐浴方法

沐浴回数:1日1回
沐浴時間:午前中からお昼間の気温が高い時間帯ががおすすめです。空腹時や授乳直後は避けるようにしましょう。
        お湯につかっている時間は、3〜5分を目安にしましょう。
        毎日、だいたい一定の時間にしましょう。
沐浴の手順:ポイントはとにかくスムーズに
 

?準備する 沐浴直後に必要なものを全て準備する。

    バスタオル(大き目で正方形の物がとても便利・・・赤ちゃんの全身をさっとくるむことができるので手早く体をふいてあげることができる)
着替え(肌着は着させる順番にすべて袖も通して置いておきます。)
おむつ
小物( 綿棒、おへその消毒グッズ、ベビーブラシ、保湿剤など必要に応じて)
 

?ベビーバスにお湯をためる

    お湯がたまったら必ず湯温を確認・・・季節や天候により体感温度も違うので温度計で測ったり、必要に応じて暖房器具を使うなどして室内温度も調節しましょう。
お湯の温度は38〜39度くらい
 

?沐浴アイテムを用意

    ガーゼ類やせっけん類を用意
 

?赤ちゃんを裸にして沐浴する

   

赤ちゃんを裸にして足からゆっくりと入れます。
最初にお湯に入れる際は赤ちゃんがびっくりしないように沐浴ガーゼなどをおなかにかける。
無言で行わず、「お風呂に入るよ〜」「気持ちいいね〜」などと声かけをしながら入れてあげるように・・・

 

顔を洗う

   

お湯がきれいな一番最初のうちに、ぬらしたガーゼで洗います。
乳児湿疹や油っぽさが気になる時は石鹸をよく泡立ててくるくると泡をころがす感じで洗ってあげます。
気にならない場合は、顔は毎回石鹸をつける必要はないです
石鹸をつけた場合はぬらしたガーゼで丁寧にふきとり、必ず泡を完全に落としましょう
目や口に石鹸が入らないように注意
顔は特に、力を入れてこすらないように注意

 

頭を洗う

    首のうしろを押さえて、石鹸やベビーシャンプーをしっかり泡立て、爪をたてず、指の腹を使って頭皮を洗う感じで洗いましょう。泡は完全に落としましょう
 

体を洗う

    石鹸を泡立てて体を洗います。ガーゼを使ってもいいですが、手で洗う方が簡単です。
まずは前から。首の下、わき、おまた、くびれの部分には汚れがたまりやすいのでシワをのばして念入りに洗います。
赤ちゃんをうつぶせに返して、なじ、背中、おしりをきれいに洗います。
この時、赤ちゃんの顔がお湯につからないように注意
わきの下をしっかり支えて洗いましょう。
 

上がり湯をかける

    ベビーバスの中のお湯が汚れる前に1杯だけ洗面器などにきれいなお湯をくんでおくと便利です。
 

赤ちゃんをお湯からあげる

    手早く水分をふき取り、おむつはすぐにつける
湯冷めしないように、肌着を手早く着させてあげる
 

お風呂上りのケアをする

    鼻や耳のお掃除はお風呂上りの少ししめった状態の時が一番お手入れしやすいので綿棒でふき取ってあげます。どちらも奥の方まで入れすぎないように注意。鼻も耳も入り口付近をきれいにするだけで十分です。
おへその消毒をする
 

?片付け

    ベビーバスはきれいに洗い水分が残らないように天日干ししましょう。

新生児用品(赤ちゃんに必要な物)(入浴・衛生用品)

ベビーバス

必要数:1コ
生後1ヶ月くらいまでは、抵抗力が弱いため、大人と同じ湯船に入れることは避けた方がよいので ベビーバスを使用します。シンクタイプ、ひじかけ付タイプなどがあります
ベビーバス 人気商品格安情報

洗面器

必要数:1コ
赤ちゃん専用のものを用意しましょう

湯温計

必要数:1コ
湯温計とはお湯の温度を計る道具です。
湯温計 人気商品格安情報

浴用ネット

必要数:1コ
浴用ネットとは赤ちゃんが沈みこまないように、しっかり受け止めてくれます。
浴用ネット 人気商品格安情報

湯上りタオル

必要数:1〜2枚
正方形の大判タイプは赤ちゃんの全身をさっとくるむことができるので手早く体をふいてあげることができるので便利です
湯上りタオル 人気商品格安情報

沐浴剤

必要数:1コ
沐浴剤とは赤ちゃんの身体をキレイにするためのもので、石鹸を使わなくても、汚れが落とせるようにつくられています。石鹸に比べて、赤ちゃんの身体がすべりにくく、沐浴初心者でも安心して使うことができます。また、すすぎ・上がり湯の必要がないのも大きな特徴のひとつです。手順が簡単なので、短時間で沐浴でき、まだ体力が十分でない赤ちゃんのからだに負担がかかりません。
スキナベーブが大人気商品です。

沐浴用ガーゼ

必要数:1〜2枚
体にかけてあげると、赤ちゃんが安心して入浴できます。
沐浴用ガーゼ 人気商品格安情報

ベビー石けん

必要数:1コ
刺激の少ないベビー専用のものを用意しましょう
ベビー石けん 人気商品格安情報

ベビーシャンプー

必要数:1コ
目に入っても痛くない低刺激のものを用意しましょう
ベビーシャンプー 人気商品格安情報
  妊娠・出産ガイドTOPへ戻る  
新生児用品の準備〜赤ちゃんに必要なもの〜  
新生児の環境作り-生活用品の選び方 沐浴・入浴について-沐浴用品の選び方
新生児服(ベビー服)の選び方 衛生について-衛生用品の選び方
おむつについて-おむつの選び方 お出かけ用品について-お出かけ用品の選び方
調乳について-調乳用品の選び方 新生児用品(電化製品)
寝具について-ベビー寝具の選び方 新生児用品(便利アイテム)
チェックリストの印刷はこちら→新生児用品の準備〜赤ちゃんに必要なもの〜リスト

キーワードアドバイス
ツールプラス


サイトマップラス
Powered by SEO対策












Copyright(C) OSHIETEsan All Rights Resereved