情報サイト『おしえてsan』
情報サイト『おしえてsan』
情報サイト『おしえてsan』 ・・・テレビ、ダイエット、パソコン、家電、ショッピング等様々なジャンルの情報を集めています!!
  左記ボタンで情報サイト『おしえてsan』 をお気に入りに登録できます!!

 

調乳について-調乳用品の選び方



調乳について

調乳とは乳児の月齢、発育状態などに応じて乳製品を適度な濃度と量に調整することです。

調乳方法

?一度沸騰したお湯を80度に冷ましたものを、消毒した哺乳びんにできあがり量の1/2〜2/3程度注ぎいれます。
?粉ミルク専用のスプーンとすりきりを使って、説明書どおりの量を正確に測って?の哺乳びんに入れます。
?哺乳びんを軽くふって、粉ミルクを溶かします。
?50〜60度に冷ましたお湯をできあがり量まで加えます。
?哺乳びんに乳首を付け、粉ミルクが完全に溶けるまで良くふります。
?人肌よりもすこし熱い程度の温度になるまで、哺乳びんを水に浸したり、流水で冷まします。
?自分の腕の内側にミルクを落とし、やや熱く感じる程度(40度程度)であればOKです。

調乳の注意点

*調乳を前には手洗いきれいな手でおこないましょう。
*器具はきちんと洗い、洗剤をきれいに流し、しっかりと消毒したものを使いましょう。
*粉ミルクは正確に測り、説明書どおりの量を飲ませましょう。
*使用するお湯は一度沸騰させ、適温に冷ましたものを使いましょう。
*熱いお湯で粉ミルクを溶かすと栄養成分を壊すことがりますので説明書どおりの温度で調乳しましょう。
*粉ミルクが残らないように良く混ぜましょう。
*ミルクの温度を下げるときに水を足したりせずに、哺乳びんを水に浸したり、流水で適温に調節しましょう。
*ミルクの温度を確かめるために乳首からミルクを飲むことはやめましょう。
*飲み残しのミルクは処分しましょう。
*作りおきはやめましょう
*粉ミルクは開缶後1ヶ月以内で使用しましょう。
*粉ミルクは、高温多湿、直射日光、冷蔵冷凍保管は避けましょう。

新生児用品(赤ちゃんに必要な物)(調乳用品)

哺乳びん

必要数:2〜3本
煮沸に強く、傷つきにくいガラス製は新生児におすすめ。
哺乳びんグッツ人気商品格安情報

乳首

必要数:3〜5コ
発育に応じてS・M・L・Yの穴サイズがあります。天然ゴム製、シリコンゴム製があります。
乳首人気商品格安情報

ミルカー

必要数:1コ
ミルカーとは、粉ミルクを1回に飲ませる量に分けて入れ、持ち運べる容器のことです。外出時や、深夜の調乳にあらかじめ計っておくと便利です。 ミルカー人気商品格安情報

フードボックス
ミルケース

必要数:1コ
消毒済みの哺乳器類や、ミルクを保管しておくと衛生的です。
哺乳びんグッツ人気商品格安情報

ビンブラシ

必要数:1コ
ナイロン製はガラスの哺乳びん用、スポンジ製はプラスチック用。
哺乳びんグッツ人気商品格安情報

消毒はさみ

必要数:1コ
はさみやすく、ビンがすべりません。
消毒はさみ人気商品格安情報

さく乳器

必要数:1コ
そのまま哺乳器につけかえられるものが便利です
さく乳器人気商品格安情報

母乳フリーザーパック

必要数:1コ
母乳フリーザーパックは、母乳の冷凍保存を、衛生的かつ簡単に行えます。
母乳フリーザーパック人気商品格安情報

調乳ポット

必要数:1コ
調乳ポットとはお湯が簡単に作れて保温できます。調乳適温のまま保温でき深夜のミルクづくりにも便利なアイテムです
調乳ポット人気商品格安情報

哺乳びん洗剤

必要数:1コ
哺乳びんや乳首はしっかり除菌・洗浄しましょう
哺乳びんグッツ人気商品格安情報
  妊娠・出産ガイドTOPへ戻る  
新生児用品の準備〜赤ちゃんに必要なもの〜  
新生児の環境作り-生活用品の選び方 沐浴・入浴について-沐浴用品の選び方
新生児服(ベビー服)の選び方 衛生について-衛生用品の選び方
おむつについて-おむつの選び方 お出かけ用品について-お出かけ用品の選び方
調乳について-調乳用品の選び方 新生児用品(電化製品)
寝具について-ベビー寝具の選び方 新生児用品(便利アイテム)
チェックリストの印刷はこちら→新生児用品の準備〜赤ちゃんに必要なもの〜リスト

キーワードアドバイス
ツールプラス


サイトマップラス
Powered by SEO対策












Copyright(C) OSHIETEsan All Rights Resereved