情報サイト『おしえてsan』
情報サイト『おしえてsan』
情報サイト『おしえてsan』 ・・・テレビ、ダイエット、パソコン、家電、ショッピング等様々なジャンルの情報を集めています!!
  左記ボタンで情報サイト『おしえてsan』 をお気に入りに登録できます!!

 

出産方法の種類



出産方法の種類

出産方法の種類について解説します。最近では出産の方法はたくさんあります。今までは受け身な感じの出産も今では出産方法が豊富に生み出され、個性に合わせた出産が出来るようになりました。自分らしい出産方法を選んであなたの人生の1ページに刻みましょう!!

出産方法の種類と特徴

自然分娩 基本的に薬を使わず、呼吸法や補助動作で痛みをやわらげる、ごく一般的な出産の方法。多くの病院がこの方法をとっています。
吸引、鉗子分娩 自然分娩で、胎児の状態が悪くなった場合、機具を使って胎児をひっぱり出す処置方法。分娩が進み、胎児の頭が産道に降りてきた時点で、陣痛がとうのいて時間がかかったり、胎児の心音が落ちたときなどに施される。
計画分娩(誘発分娩) 陣痛誘発剤や道具を使って子宮口を開き、陣痛を起こさせる計画的に出産する方法。出産日を選びたい場合、平日の昼間に産みたい場合など産む側の個人的な理由による場合が多いですが、早く生まないと危険な状態などの場合にも使われる方法。
帝王切開 おなかを切って、胎児を出す産科手術方法。母親や胎児になんらかのリスクがあり計画的に行われる場合と、出産中に急に胎児の心音が下がって仮死が疑われる場合に行われる緊急のものとがある。麻酔を打ってから、手術が終わるまでの時間はおよそ3〜40分。
あらかじめ手術が予定される状態
<重症妊娠中毒症>
  妊娠中毒症でも軽い人は経腟分娩が可能ですが、重い人は帝王切開となります。一番危険なのは胎盤の血流が悪くなり、子宮内の胎児発育遅延や仮死に陥る可能性がある場合です。状態によっては、予定日より早めて手術をすることになります。
<児頭骨盤不均衡>
  お母さんの骨盤よりも赤ちゃんが大きくて、産道を通過できないと判断された場合。
<さかご(逆子)>
  通常の出産は、赤ちゃんの体のうち一番大きな頭から出てきます。頭が抜ければ、あとはするりと産まれます。さかごの赤ちゃんはその体勢をとれていません。足やひざから出てくる場合は、へその緒が頭と産道の間に挟まって圧追され、危険な状態になることがあります。
  さかごのうち75%はお尻から出てくるので、この場合は経腟分娩も可能なのですが、最近は安全性を考え、切開することが多くなりました。
<前置胎盤>
  前置胎盤とは、胎盤が子宮口にかかっている状態をいいます。すべてが帝王切開になるというわけではありませんが、子宮口を完全にふさぐように位置している場合は、赤ちゃんの進路の邪魔になる上、赤ちゃんの頭に押されて大出血を起こす危険性があるため帝王切開をします。
<前回のお産が帝王切開だった人>
  前回のお産が帝王切開で、次のお産でいきんだときに子宮が前回切開したところから破裂する危険性があると考えられています。そのため、最初に帝王切開をした人は次も切開する可能性が高くなりますが、近年、ケースバイケースで経腟分娩を選択し、安全にお産することが可能との考えから普通分娩をすすめている施設もあります。
<その他>
  双子など多胎妊娠、高年齢での初産、胎児の病気などの場合は危険度が高いとされ、帝王切開が検討されます。
麻酔(無痛)分娩 麻酔やハリで出産時の痛みをやわらげる方法。麻酔により、意識はあっても痛みを感じないまま出産できます。合併症のある人に有効。
ラマーズ法 出産知識を理解し、独特の呼吸法と補助動作をマスターし、パートナーと積極的に出産に取り組む方法。人工的な処置は加えず、自然にまかせて産む姿勢が基本。
水中出産 温水の中でリラックスしながら、自分に合った姿勢で産む方法。温水は体と心をリラックスさせ、陣痛を和らげる効果がある。陣痛緩和に温水を使うが、水中で出産しても危険はないといわれている。
ソフロロジー ヨガをベースにしたストレッチ体操とイメージトレーニングを行うことで、陣痛や出産時の痛みをやわらかく受けとめる方法。妊娠中からヨーガや瞑想をした、体と心を整え、体の感覚を養う。また、イメージ・トレーニングをして、自分に起こることをあるがままに、しかも前向きに受け入れる心の準備もする。
座位・立位分娩 座った姿勢か立った状態で出産する方法。上体が起きているので、重力の助けをかりて胎児が降りやすくなり、いきむ方向もつかみやすい。また、子宮の内圧も高まる。
気功式出産(リーブ法) 気功法のトレーニングによって出産する方法。妊娠中から気功法で呼吸法、リラックス法、イメージトレーニングなどを練習する。出産中は全身に気を巡らせ、リラックスをしたり、赤ちゃんに気を送って「下がれ、下がれ」とイメージする。
呼吸法は、息を吸ったときにおなかをへこませ、吐く息でおなかをふくらませる逆腹式呼吸法。
アクティブバース 姿勢、呼吸法、補助動作などに決まりがなく、自由なスタイルで、自分に合ったリズムで出産する方法。
出産のスタイルは、しゃがんだり、立ったり、歩いたりなど、産婦の好きな姿勢で陣痛期を過ごし、仰向けでない姿勢、あるいは分娩台を使わずに出産する。上体を起こした姿勢は、重力の力を借り、無理ないきみをしないで、より自然に出産することができる。
家庭出産 自宅に助産婦を呼んで出産する方法。
LDR 自宅にいる気分でリラックスして出産にのぞむことを目的に、医療器具が組み込まれたデラックスタイプの個室で産む方法。すべてがひとつの部屋ですむように用意されているので、費用は高いです。
はじめての妊娠・安産百科 / 初めての妊娠・出産 / 妊娠・出産はじめてbook / はじめての妊娠・出産安心マタニティブック

  妊娠・出産ガイドTOPへ戻る

キーワードアドバイス
ツールプラス


サイトマップラス
Powered by SEO対策






Copyright(C) OSHIETEsan All Rights Resereved