情報サイト『おしえてsan』
情報サイト『おしえてsan』
情報サイト『おしえてsan』 ・・・テレビ、ダイエット、パソコン、家電、ショッピング等様々なジャンルの情報を集めています!!
  左記ボタンで情報サイト『おしえてsan』 をお気に入りに登録できます!!

 

妊婦中のつわり対策



つわりとは

つわりとは妊娠初期に起こりやすい、吐き気や胸のむかむかした感じ、においに敏感になるなどの症状のことを言います。妊娠により増加したホルモンが原因といわれていますが、その時期や症状は個人差が非常に大きいものです。大抵の場合、妊娠5・6週から14・15週くらいまで続きます。
つわりは、妊婦さんの場合5割〜8割の方に見られる症状で、軽い重いはあるにしろ、大半の妊婦さんに見られる症状です。
妊娠お悩み解消
妊婦中のつわり対策 / 妊婦中の便秘対策 / 妊娠線対策 / 妊婦の足がつる(こむら返り)対策 / 妊婦の足がつる(こむら返り)対策 / 妊婦の腰痛対策 / 妊婦のむくみ対策 / 妊婦とカフェイン(コーヒー、紅茶) 

つわりの症状

便秘

  妊娠中便秘になる妊婦は非常に多く、それまで快便だった人でも便秘になる人が多いそうです。女性に便秘が多いですが、妊娠するとホルモンのバランスや腸の蠕動運動が鈍くなり、さらに便秘になりやすくなります。
妊娠すると流産しないように、筋肉をゆるめ腸の動きを鈍らせる作用がある黄体ホルモンの分泌がしばらくの間維持されるので、そのために妊娠中便秘になってしまいます。そして妊娠中のつわりがひどいと、精神状態が不安定になって排便をつかさどっている自律神経も不安定になり、便秘の原因になります。
妊娠が進んで子宮が大きくなると、腸が圧迫されたり、骨盤内にたくさんの血液が集まってうっ血したり、腸の動きが妊娠のために鈍くなるのも便秘の原因のひとつですし、そのため痔や脱肛の症状が出て排便時痛を伴い、排便に消極的になるのも便秘の原因になります。
便秘の対処方法妊婦中の便秘対策

めまい

 

妊娠初期や中期に、頭をぐるぐる回されているような軽いめまいをおこす。頻繁で程度がひどくても妊婦さんや赤ちゃんには害はないといわれています。妊娠中の血液は子宮へ送るのが優先されるため急に体を動かすと、めまいが起こりやすくなります。低血糖や貧血、もしくは赤血球の減少によるめまいの場合は
病院に相談し、原因を探して対処する必要があります。
めまいの対処方法
・栄養価の高いおやつを、頻繁に口に入れる。
・定期検診は必ず受けましょう。
・長時間座りっぱなしや立ちっぱなしでいることを避ける。
・急に動作をせず、ゆっくり動く。※特に朝ベッドから起きあがる時

胃痛(腹痛)

  つわりであまり食べることができない状態の場合など、胃の中に消化すべき食べ物がなく、胃液が過多になったことから胃痛を感じることもあるかもしれません。妊娠したことによる生活や気持ちの変化など、ストレスから来る場合もありえますので、胃痛(腹痛)がつらくなったら、ゆっくり身体を休めましょう。
胃痛(腹痛)の対処方法
・食べられるもの(もしくは飲めるもの)があったら、少しずつでよいので、胃に何か入れる。
・ひどい場合は胃を保護する妊娠中でも使える薬(マーロックスなど)を処方してもらう

頭痛

  偏頭痛と同じように突然ガンガンと痛み出す事が多いです。頭痛は妊娠初期と中期に特に起こりやすく、妊娠による不快感のひとつとして挙げられています。しかし妊娠中期の終わりには、しだいにおさまることが多いです。 妊娠後期にひどい頭痛が長く続いて頭がぼうっとするようなら高血圧の兆候かもしれませんので、その場合はすぐ医師に連絡しましょう。
頭痛の対処方法
・動作はゆっくりと。
・血糖値を安定させる
・空気を新鮮にする
・頭のマッサージを(痛い部分を、円を描きながらゆっくりマッサージ)する。

胸焼け・ゲップ

  食後すぐ、または食間にさえ頻繁にゲップがでたり、胸やけのようなひりひりした感覚を胸骨の下あたりに感じます。胸焼けもホルモンのせいで、これも、妊婦を守るための体の自然のホルモンシステムなのです。
胸焼け・ゲップの対処方法
・食事は少量を、頻繁に食べる
・右側を下にして寝る(重力によって胃が空になりやすくなります)
・胸焼けしやすい食べ物を避ける(脂っこいものは避ける)
・脂肪の多い物を避ける(消化に時間がかかるものは避ける)
・食事の前に、牛乳、低脂肪アイスクリームを食べる(胃をコーティングし、胃酸による胸焼けを抑えます)
・食事中に水を飲みすぎない

吐き気(嘔吐)

  最も一般的なつわり症状です。妊娠によって増加する各種ホルモンの影響を受けて起こると言われています。一日中気分が悪いというケースもありますが、朝の起床時や空腹時、食事の後、気がゆるんだ時など特定の場合に吐き気を催しやすいということも多くあります。吐き気はあっても実際に吐くまでには至らないレベルから、一日に何度も吐いてしまうというレベルまで症状の重さは様々です。
吐いてしまうことで、赤ちゃんとママの2人分には栄養が足りなくても、赤ちゃんの方へ優先的に栄養は回され、結果的にママは栄養不足ということもあります。ただ、あまりにも嘔吐の症状がひどい場合は、すぐ医師に連絡しましょう。
吐き気(嘔吐)の対処方法
・ビタミンB6(そば、ピーナッツ、納豆など)を含んだ食品を食べる
・[生姜(しょうが)」を料理に入れる(吐き気を抑える効果がある)

つわり対策アイテム

特につわりでお悩みの方に プレママリラックス(農薬不使用)
無農薬ブレンドハーブ「プレママリラックス」に、爽やかな味で、 味も作用もおだやかな「スペアミント(農薬不使用)」をセット
「プレママリラックス」にスペアミントを1つまみ足すだけで、 いっそう爽やかで飲みやすくなります。
ちんと◎妊娠のつわり・胸がむかむかする建林松鶴堂・鎮吐(チント)30包【第2類医薬品】
【鎮吐の特徴】
本剤は、妊娠のつわり、胸中がむかむかする、嘔吐する、生つばが出る、しゃっくりが出るなどを使用目標にします。
冷え・むかつきに…安心・安全なハーブの力心身共に健やかに♪疲れた時の味方つわりにも◎
Ginger(ジンジャー) 和名:しょうが
薬味として食生活で広く用いられている通り、殺菌作用は有名です。
血液の循環にも良く、ぽかぽかと体を温めてくれます。
ピジョンサプリメント葉酸プラス60粒入り
○1粒で葉酸400μg葉酸プラスは、女性に不足しがちな栄養素を補給するサプリメントです。 ○葉酸は、妊娠に気が付く前から妊娠・授乳期を通して、毎日きちんと摂る事が大切です。 さらに、鉄をプラス。胃を通過して腸で解ける工夫を施し、鉄分を飲みやすくしました。 ○体内に持続的に吸収されるように、ソフトカプセルにタイムリリース加工を施しました。 ○つわりの時期も無理なくお召し上がりいただけるように本製品に含まれる7種のビタミンB群 (葉酸を含む )の特有の匂いをカットしました。

  妊娠・出産ガイドTOPへ戻る

キーワードアドバイス
ツールプラス


サイトマップラス
Powered by SEO対策












Copyright(C) OSHIETEsan All Rights Resereved