テレビドラマ・バラエティー番組情報おしえてテレビsan

情報サイト『おしえてsan』
情報サイト『おしえてsan』 ・・・テレビ、ダイエット、パソコン、家電、ショッピング等様々なジャンルの情報を集めています!!
テレビsanへようこそ!! テレビsanでは、テレビドラマ・バラエティー番組を中心に テレビ番組の紹介をしています。 現在放送中のテレビドラマから過去のテレビドラマの内容・あらすじ(ストーリー)・サブタイトル・脚本・ プロデューサー・出演者(キャスト) ・ 主題歌・関連商品・ 出演者・視聴率などいろんな情報が満載。またキャスト一覧では俳優・女優・タレント・お笑い芸人など のプロフィール(誕生日・出身地・血液型など)・画像・出演番組の紹介や来歴、スキャンダル 熱愛・報道を紹介しています。 テレビドラマだけでなくバラエティー番組一覧、音楽番組一覧の情報も満載!!脚本家から検索できる脚本家一覧や年代別のドラマクール別一覧、ラブストーリー、コメディードラマ、学園ドラマなどのジャンル別に一覧にしたドラマジャンル(分類)別一覧などテレビドラマの情報満載!!
  左記ボタンで情報サイト『おしえてsan』 をお気に入りに登録できます!!


ドラマ詳細データ


テレビドラマのストーリー(あらすじ)、キャスト(出演者)、主題歌、視聴率など豊富な情報をお届けしています。
★1リットルの涙を見る!!★

画像をクリックすると大きい画像が見れます

タイトル

1リットルの涙(いちりっとるのなみだ)

放送枠

フジテレビ系列 毎週火曜日21:00〜21:54

放送年

フジテレビ系列 毎週火曜日21:00〜
1リットルの涙 特別編〜追憶〜 2007年4月5日木曜日21:00〜23:48

前後番組

前期番組 海猿 / 次期番組 Ns'あおい

ドラマジャンル

ヒューマンドラマ / 闘病ドラマ

脚本

江頭美智留、大島里美、横田理恵

原作

木藤亜也

スタッフ

貸川聡子(共同テレビ)

1リットルの涙 キャスト

池内 亜也(15歳→25歳)(沢尻エリカ)
池内 潮香(40歳→51歳)(薬師丸ひろ子)
麻生 遥斗(15歳→21歳) (錦戸亮)(NEWS・関ジャニ∞)
池内 亜湖(13歳→18歳)(成海璃子)
池内 弘樹(11歳→16歳)(真田佑馬)(ジャニーズJr.)
池内 理加(5歳→10歳)(三好杏依)
河本 祐二(17歳)(松山ケンイチ)
武田 誠(17歳)(遠藤雄弥)
西野 良三(30歳)(佐藤重幸)
杉浦 まり(15歳→18歳)(小出早織)
松村 早希(15歳→18歳)(松本華奈)
恩田 耕平(15歳→18歳)(水谷百輔)
中原 慶太(15歳→18歳)(橋爪遼)
富田 圭子(15歳→18歳)(葵)
大橋 美歩(15歳→18歳)(川原真琴)
麻生 芳文(50歳→55歳)(勝野洋)
及川 明日美(16歳→17歳)(大西麻恵)
及川 菊枝(?)(かとうかずこ)
藤村 まどか(?)(浜丘麻矢)
高野 喜一(?)(東根作寿英)
水野 宏(33歳→44歳)(藤木直人(特別出演)
池内 瑞生(45歳→56歳)(陣内孝則)

1リットルの涙 ストーリー・あらすじ

池内亜也(沢尻エリカ)は、高校受験を間近に控えた中学3年生。明るく頼れる母・潮香(薬師丸ひろ子)と豆腐店を営む人情派の父・瑞生(陣内孝則)、そして3人の弟妹たち…亜湖(成海璃子)、弘樹(真田佑馬)、理加(三好杏依)に囲まれて、平凡ながらも賑やかで楽しい毎日を送っていた。ある朝、元気に家を飛び出した亜也は、走り出すと同時に足がもつれ、店先で転んでしまう。しかも、手をつかない不自然な転び方をしたために、顔から落ちてアゴを切ってしまう亜也。潮香は、慌てふためく瑞生を制して、店のワゴンに亜也を乗せると、常南大学医学部付属病院の救急外来へと急いだ。潮香は、亜也の転び方を不審に思い、治療をしてくれた医師・谷口(佐藤誓)に相談していた。事情を聞いた谷口は、神経内科の医師・水野宏(藤木直人)にそれを伝え、亜也の診察を依頼する。亜也は、潮香とともに水野の元を訪ね、問診の後、バランステストやMRI検査を受ける。そして水野は、不安を隠せないでいた亜也に、体の調子で何か気になることがあったら書きとめておいてほしい、と告げる。しかし、水野からの潮香は、亜也が脊髄小脳変性症という難病に侵されていることを潮香に告げる。それは、小脳が萎縮し、神経細胞が破壊されることによって身体を動かす機能が次第に失われていくという難病だった。「私の知る限り、完治した例は一例もありません」。水野の言葉が潮香の心に突き刺さった・・・。

1リットルの涙 特別編〜追憶〜
亜也が死去してから半年後。姉の姿をそばで見続けていた亜湖は看護師の道を目指し、家族以外でもっとも亜也に近い存在だった遥斗は、神経内科の医師としてかつて亜也が入院していた病院に勤務している。亜也という存在を失った喪失感を埋めようもなく自分自身を見失っている遥斗は、医師として亜也を救えなかったという意識が彼を責め立て、担当する患者に対しても距離を置いてしまっている。しかし“生きる”ことに後ろ向きな遥斗の患者・みずき(14歳)に対して、遥斗は初めて“池内亜也”という存在を語ろうと決心する。悩み、苦しみながらも懸命に生きることを求めた亜也の物語を通し、再び生きることを意識するようになるみずき。そして遥斗も亜也を語ることで、自らの苦しみから解き放たれていく。たとえ存在は消えてしまっても、亜也の残したものは引き継がれ、誰かの心の中に生き続けていく…。

1リットルの涙 サブタイトル

第1回 ある青春の始まり
第2回 15才、忍びよる病魔
第3回 病気はどうして私を選んだの?
第4回 二人の孤独
第5回 障害者手帳
第6回 心ない視線
第7回 私のいる場所
第8回 1リットルの涙
第9回 今を生きる
第10回 ラブレター
最終回 遠くへ、涙の尽きた場所に
特別編 追憶

1リットルの涙 関連商品(音楽)(主題歌・サントラ)

主題歌 K「Only Human  
挿入歌 レミオロメン「粉雪」、「3月9日  
サントラ ドラマ「1リットルの涙」オリジナル・サウンドトラック  
  映画「1リットルの涙」オリジナル・サウンドトラック  

1リットルの涙 関連商品(DVD)

1リットルの涙 DVD-BOX
1リットルの涙

1リットルの涙 関連商品(本)

1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記
いのちのハードル―「1リットルの涙」母の手記
ラストレター―「1リットルの涙」亜也の58通の手紙
お手本なしの人生『1リットルの涙』亜也の詩(うた)
1リットルの涙 情報

1リットルの涙 原作 

  木藤亜也さんの書籍『1リットルの涙
『1リットルの涙』は、15歳で原因不明の難病・脊髄小脳変性症を発病し、昭和63年に25歳の若さで亡くなった木藤亜也さんの自らの決心、自分への励まし、反省、感謝の言葉など、手が動かなくなるまで書き続けた日記をまとめたものである。 みずみずしい感性あふれる亜也さんの文章や詩は、全国で大反響を呼び、110万部以上を売り上げる大ベストセラーとなっており、出版から19年を経た今もなお、多くの人たちに生きる勇気を与え続けている。

1リットルの涙 出演者

  沢尻エリカ ドラマ初主演
  かとうかずこ×大西麻恵
  映画1リットルの涙で共演
映画では主人公木藤亜也役を大西麻恵、その母 木藤潮香役をかとうかずこが演じた

1リットルの涙 視聴率

  平均視聴率 15.3%、最高視聴率20.5%、瞬間最高視聴率25.8%

1リットルの涙 映画

  2004年に製作(文部科学省選定映画)
木藤亜也:大西麻恵
木藤潮香:かとうかずこ
木藤瑞生(亜也の父):浜田光夫
★1リットルの涙を見る!!★

キーワードアドバイス
ツールプラス


サイトマップラス
Powered by SEO対策




Copyright(C) OSHIETEsan All Rights Resereved